IMG_20151231_194738

 けものフレンズ最終回、鬱エンドじゃ
なくてよかったねー。でも最後の水面に
つづくって文字が一瞬うっすら映ってるの
気づいた人、凄すぎでしょ。ほんと終わり際の
一瞬だよ? なにかあるだろうって画面中央を
観ずに右下を見てるのがすごい。
かばんちゃんの手が黒いのは黒いセルリアンに
のみこまれたせいだとおもってたら、手袋や
ソックスが戻ってる説が有力。でもそれだったら
衣服も戻りかけじゃないとおかしいし、
どうとでもとれて、観客にゆだねるのは
エヴァといっしょだね。それをなんというのか
漢字をど忘れしちゃったけど。

 それとは別にリアルで鬱展開があって、
実家の黒猫がいきなりお亡くなりに
なったようなのです。風邪ひいてガリガリに
なって、あっという間だったらしい。
ほの一日中外に出るのが好き(縄張り
争い?)だったのだけど、最後は
家に帰ってきて息絶えたそうな。
実家の猫は何代目かもうわからないけど、
この黒猫は本当に不器用で、撫でようと
したら避けるくせに、TVを見てたりしてたら
空いてる手に突進してきて、自主ナデナデ
してくるという変わった奴だったのです。

 たぶん2014年位に赤ちゃんくらいで、
風邪ひいてて目ヤニ両目がつぶれていて
「あー、こいつもう長くないんだろうなー」と
思っていたら、2015年にちょこんって
感じの可愛い子猫になってました。

IMG_20150103_195622
▲2015年正月。
そこそこ大きく
なってたんですよー。

IMG_20151231_194738
▲2015年末。
ずんぐりむっくり
いい体格に。

IMG_20160104_034450
▲2016年あたま。
この頃はすっかり
ずんぐりむっくり、
手なんか熊っぽかったw

20170101_143214 1
▲2017年、最後の写真。
外に出ずっぱりだったのを
弟がつかまえてくれた。
すげぇよそよそしかったけど
さわらせてくれればこっちのもんw
あー、これが最後か…。


 あんま日記には悲しい話は
書かないようにしてるけど、
これもまた日記だからね。
いつかふりかえってみることも
あるでしょう。黒猫って不吉っぽくて
あんま好きじゃなかったけど、
そのイメージを変えてくれた
いい奴でした。同い年の妹の
三毛は大丈夫かなぁ(不安)。