x名称未設定-3

 今週の「有田と週刊プロレスと」は内藤編
だったけど、有田が今一番好きなレスラー
だけあって、力が入っていてかなり面白かった。
今の内藤があるのは腐りまくりの挫折あってこそ。
その苦節を30分でおもしろおかしく紹介
できているのはお見事。たぶん、
わ・ざ・と(内藤口調で)目を開くポーズを
いじったんだと思うけど、あれはメキシコの
観客にアジア人だから目が細いとバカに
されてたから、反抗のアピールだったわけで。
それが日本のファンに反抗して華開ていった
のは面白いよね。



x名称未設定-2
▲先週はちょっとブレブレで危うかったけど、
天龍のWARピザで救われた感じ。
WARピザ、どっかとコラボしてくれないかなぁw

x名称未設定-1
▲そうそう転機となったレスナー契約破棄
からの棚橋IWGP奪還はこんな最後ら編の
ページの扱いだったのが興味深い。
ホント下手したら白黒ページで紹介されてた
かもしれないレベル。でも正直、
この時は新日はどうしようもないほど
しんどかったし、それを盛り返した棚橋には
やはり一切の文句は言えないのである。

名称未設定-2
▲サムライTV20周年特集より。
三沢と橋本の初対決だけど、
最初のミドルキックがヤバすぎて、
スローで調べなおしたほど。
最初の起動はローキックで胸のあたりを
狙ってんだけど、そこから急角度で顔を
打ちぬかんばかりにアゴに当ててる。
多分これ、橋本が三沢に仕掛けたな。

名称未設定-3
▲逃げ場のないロープ際でこののけぞりよう。
これでKOされない三沢もすごいんだけど。
どちらもご存命ではないのも悲しいよね。

名称未設定-5
▲佐々木vs宮本の櫓からの
Dガイストもやばかった!

名称未設定-4
▲4メートルを超える足場から
机の上にノーザンライトボム的な一発。

名称未設定-6
▲さすがにこれ死んだだろう?
的な一撃だったけどフォールを
返すんだから、会場は大爆発するでしょ。

xxx名称未設定-1
▲そして最後は北尾の
Kドリラー。この体格で
全体重の乗せてドスンと
落とすもんだから……。

名称未設定-7
▲荒谷が死んだのかと
思うくらいピクリとも動かなくなって
さすがの俺もドン引いた。周りの
レスラーが急にドタバタ場外戦を
やり始めたのも余計に生々しいというか。
WARの後半はちょっと殺伐としすぎだよなぁ。